昆布加工品 大平昆布 とろろ昆布 わかめ アカモク 海藻パウダー

 

スタッフブログ

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
昆布茶で舌トレ・ダイエット
2018-12-12
こんにちは!大平昆布web担当の高橋です。
 
リバウンドしない「舌トレ・ダイエット」に、昆布茶が良いと紹介されていました
 
食生活を大きく変えないで痩せ続ける習慣をつけるのが「舌トレ・ダイエット」です。
 
昆布の旨味であるグルタミン酸が脳に深い満足感をもたらすので、リバウンドしないのだそうです。
 
やり方は、昆布茶を食前や食間に飲むだけ。
 
過食の防止にもなりますよ~!
 
手作り昆布茶の作り方は、とろろ昆布をひとつかみ入れたら、風味づけに刻んだ梅干しを加えてお湯を注ぐだけ。
 
普段の食事に旨味をプラスすることで、舌が勝手にダイエットに導いてくれる「舌トレ・ダイエット」で
 
痩せる体を作りませんか?
 
 
 
 
 
朝ドラに昆布が!
2018-12-11
こんにちは!大平昆布web担当の高橋です。
 
現在放送中の朝ドラ「まんぷく」に、昆布が取り上げられていました
 
栄養食品『ダネイホン』の味を良くするために、昆布を使うことを思いつくという内容でした。
 

 
 
「まんぷく」は、チキンラーメンを開発した安藤百福さんがモデルのお話です。
 
まだチキンラーメンを作るところまでお話は進んでいないのですが、
 
発明家として試行錯誤しながら栄養食品『ダネイホン』作りに奮闘しています。
 
『ダネイホン』の材料は、牛骨のエキス、わかめ、塩、菜種油、スモモ。
 
もっと美味しいダネイホンを作るためにわかめを昆布に変えてみることを提案します。
 
ドラマの中では「昆布の栄養成分は…ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、たんぱく質!」
 
と、調べていくと体に良い成分がたくさん入っていることがわかった、という内容でした。
 
昆布には健康と美容に良い成分が豊富ですよ~詳しくはこちら➡昆布の栄養効果
 
 
大根のとろろ昆布のせ
2018-12-10
こんにちは!大平昆布web担当の高橋です。
 
寒くなって、煮物が美味しい季節ですね。
 
たくさんの大根と白菜を頂き、毎日の料理に昆布とともに活用しています。
 
最近ハマっているのは、「大根のとろろ昆布のせ」です。
 
 
大根をシンプルにめんつゆで煮たものに大平昆布のとろろ昆布「ふりかけとろろ」をのせています。
 
奥に見えるのは、がんもどきです。
 
これだけで立派なおかずになって、体も温まりますよ
 
忘年会シーズンで胃腸が疲れてしまっている方にオススメです。
 
直売所でもふりかけとろろは、かつおとろろと並ぶ人気商品。
 
どちらも便利で手軽に使えるところが良いのだと思います。
 
今年も残り少なくなってきましたが、体調管理には十分注意したいものです。
 
昆布を食べて、寒い冬を元気に乗り切っていきましょう!
 
 
 
 
 
 
 
ギバサとジバサ
2018-12-07
こんにちは!大平昆布web担当の高橋です。
 
昨日12月6日に放送された「あさイチ」で、ギバサ(アカモク)が紹介されていました
 
秋田県男鹿市の特集で、今大注目のスーパーフード・ギバサ(アカモク)が紹介されました。
 
 
粘りがすごい!のですが、ギバサに豊富に含まれているフコイダンが粘りの正体です。
 
フコイダンには抗がん作用や、花粉症の抑制効果があるといわれています。
 
大平昆布では、堀口直売所でギバサ(アカモク)を販売中です
 
 
乾燥のアカモクですが、粘りはすごいです
 
↓↓直売所の乾燥アカモクの実際の粘りはこちら↓↓
 
 
でも、本場の秋田ではギバサ(アカモク)ではなく「ジバサ」を食べるのだそうです!
 
また新たな海藻が登場しました・・・
 
ジバサはギバサ(アカモク)より美味しいそうで、
 
1月~3月にしか採ることができない貴重な海藻。
 
収穫量が少ないので、地元のスーパーでもあまり見かけないということでした。
 
https://oganavi.com/chisan/products/?main_page=product_info&products_id=35より引用
 
ギバサ(アカモク)にはない、丸いところがあるのが特徴でしょうか?
 
ぜひ、食べてみたい海藻です。
 
 
 
2019年は海藻がトレンドに⁈
2018-12-06
こんにちは!大平昆布web担当の高橋です。
 
2019年最大のトレンドになるヘルスフードとして取り上げられていたのは、
 
「海藻入りバター」や「昆布入りヌードル」
 
近年、海藻入りスナック人気が高まっていますが、
 
海の植物を使った商品がビッグヒットしそうだと予想されているのだそうです。
 
ゆるいベジタリアン人気のおかげで肉を食べない人が増えていて、
 
植物ベースの食品の売り上げが急上昇しているということでした。
 
 
 
植物性原料のみで缶詰のツナそっくりの食感や味を再現した「Fish-Free Tuna」は、
 
今年12月の発売を計画しているということですから、もう発売されているかもしれません。
 
6種類の豆と藻類油が使われ、藻類油はシーフードらしい風味を加えることと、
 
魚の重要な栄養素であるオメガ3脂肪酸の供給源にもなるといいます。
 
来年の今頃、「2019年は海藻ブームだったね!」なんて言っているかもしれませんね
 
 

株式会社大平昆布
宮城県栗原市志波姫南郷蓬田1
TEL.0228-25-3553
FAX.0228-25-3545
----------------------------
昆布・海藻等の原藻卸
昆布製品の加工と販売
----------------------------

019493
<<株式会社大平昆布>> 〒989-5611 宮城県栗原市志波姫南郷蓮田1 TEL:0228-25-3553 FAX:0228-25-3545