昆布だしの取り方

 

水出で簡単な昆布だしの取り方

 

昆布だしの取り方

昆布だしの取り方
 
昆布だしの取り方 水出しで簡単!
昆布だしの取り方 水出しで簡単!
 
 
昆布が健康にいいことはわかっていても「昆布だしの取り方って難しそうだし、面倒くさいんじゃないか?」と思っていませんか。
 
実は「水出し」なら、一晩で簡単に、失敗しない“おいしい昆布だし”が作れます♪
 
昆布をお水に入れるだけ!の「水だし」は、びっくりするほど簡単なだしの取り方です。
 
けっして手抜きではなく一番確実に美味しく昆布だしを取る方法が水出しです。
 
昆布だしは上品で控えめなうま味が特徴で、具の香りや素材の味わいを大切にする料理に向いています。
 
和食には欠かせないだし汁で、精進料理によく利用されています。
 
ということで、昆布だしの取り方 水出しで簡単!について書いていきます。
 

失敗しない昆布だしの取り方(水出し)

 
【材料】
 
水5カップ(1リットル)、昆布10g(昆布は5cm角で約2gです)
 
※昆布の量は水に対して1%が目安です。(昆布の種類によって味が変わります)
 
だし取り用の昆布を用意してください。
 
 
 
だしに向いている昆布は、真昆布、利尻、羅臼、日高などです。
 
それぞれ味や香りに特徴がありますので、お好みで選んでみてくださいね。
 
ただし、料理用の早煮昆布や長昆布はだしが出ないので、だしを取るのには向きません。
 
また、原材料に醸造酢など昆布以外のものが明記されている物もだしを取るのには向きません。
 

 
 
 
 
大平昆布の「切り出し昆布」は、60g。
 
15×10㎝の大きさの昆布が約7本入っています。
 
 

 
だしに適した水の種類については、硬度の低い水(50.0以下)が適します。
 
硬度の高い水はアクばかりが出て、素材のうまみを引き出すことができません。
 
熱を加えてだしを取る際は、加熱殺菌のミネラルウォーターでもかまいませんが、常温の水でだしをとる場合は、非加熱殺菌のミネラルウォーターを使うとよりおいしさをいかすことができます。
 
昆布を1~2mmの千切りにすると、3時間後から利用出来ます。
 
 
【作り方】
 
1.昆布の表面についているホコリをサッと払いましょう。
 
白い粉は“マンニット”と呼ばれるうま味成分なので拭き取らないようにしてくださいね。
 
2.タッパーなどに水と昆布を入れ、冷蔵庫で一晩(約8時間)浸けます。
 
3.一晩浸けたら昆布だしの出来上がりです。昆布は取り出しておきましょう。
 
昆布はお水に浸けたまま半日以上置いても大丈夫ですが、あまり長く浸けておかないようにしましょう。
 
濁ったり、海藻臭さが出てきますので、忘れずに取り出してください。​
 
 
水出しでもしっかりとだしを取ることができますので、ぜひ作ってみてくださいね。
 
香り移りを防ぐため、蓋付きであれば蓋をし、なければラップをきっちりしましょう。
 
1回に使う量を使うたびに作るよりも、一度にたっぷりのだしを取っておけば楽です。
 
夜に用意しておけば、朝・昼・夜と大活躍!
 
 
 
濃い昆布だしを取りたい場合は、水を減らすか昆布を増やしましょう。
 
作った昆布だしは、冷蔵庫で2~3日保存できます。
 
製氷機に入れて冷凍庫で凍らせておくと、アイスキューブの昆布だしが出来上がります。
 
アイスキューブ昆布だしは、2週間保存できます。
 
 
 

昆布の表面の白い粉の正体は?

 
 
 
 
昆布の表面に粉を吹いたような“白いもの”を見て「カビが生えてしまった!」と思っていませんか?
 
これはカビではなく、昆布の成分である「マンニット(マンニトール)」と呼ばれるものです。
 
マンニットは甘みのある炭水化物で、うまみに関連しています。
 
昆布は砂浜などで自然に乾燥させているため、小石や砂などが付いていることがあります。
 
昆布だしを取る前の下準備として砂・汚れ・ホコリを取るときは、固く絞ったぬれぶきんで昆布の表面をサッと拭きましょう。
 
私はキッチンペーパーを濡らして、固く絞って拭きました。

ごしごし拭かないようにすることがポイントです。
 
水洗いすると、せっかくの表面のうまみが流れてしまいますので、おすすめできません。
 
 
 
だし取り前の下ごしらえに関しては、特に昆布に切り込みを入れる必要はありません。
 
切り込みを入れると余計な雑味やぬめりも出やすくなってしまいます。
 
旨みの抽出に適した時間や温度をきちんと守ることで切り込みを入れなくてもしっかり旨みが出ます。
 
 
 

昆布だしは素材の風味を活かせる


 

昆布だしの特徴は、じんわりとうまみがでてくることです。
 
かつお節のだしほど風味が強くないので、調理する素材の風味が活かされます。
 
ですから、素材の風味を活かす昆布だしは和食には欠かせないだし汁なんですね。
 
うま味の強い最高のだしとして、あらゆる料理に使われる一番だしの昆布水は、お吸い物・うどん・そばのだしに。
 
芳醇な香りで味に雑味がなく、くせが少ないので、口当たりも上品で、特にお吸い物などだしの美味しさでその料理の美味しさが決まるものに利用されます。
 
お吸い物だけでなく味噌汁のだし、煮物などの水の代わりに使ってみてください。
 
カレーの隠し味やお好み焼きの生地などに使うと、うま味がUPしますよ。
 
そのほか鍋料理・湯豆腐・茶碗蒸し・和え物・酢の物に使ってみましょう。
 

海外も注目する「だし」

 

 
世界無形文化遺産に登録されたことで、海外からさらに注目されている和食。
 
和食は味の決め手である「だし」が重要な要素ですよね。
 
海藻から「だし」を取る和食は、世界中の食文化を見ても珍しいのです。
 
海外も注目する「だし」に、私たち日本人があらためて注目すべきではないでしょうか?
 
和食だけでなく洋食や中華にもあう「昆布だし」は、パスタを茹でるときのお水の代わりに使っているお店も実際にあります。
 
まずはご飯を炊くときのお水を「昆布だし」に変えてみるなど、普段の料理で水の代わりに昆布だしを使ってみてはいかがでしょうか。
 
だし用の切り出し昆布はだし専科「切り出し昆布」
 
真昆布(まこんぶ)は、上品な甘味をもち、清澄なだしがとれる昆布の高級品です。
 
主な産地は函館沿岸で、厚みがあり幅が広いのが特徴です。

主な用途は、だし昆布として利用、佃煮、塩昆布などです。
 
ご注文は、お問い合わせフォームから⇒大平昆布 お問い合わせフォームへ
 

昆布だしの水出しを実際に作ってみました

 
麦茶などを作る容器に2リットルの昆布だしを作ることにしました。
 
昆布の量は水に対して1%が目安なので、大平昆布の「だし専用 切り出し昆布」を2~3枚(約20g)を使用しました。
 
さっとホコリを払った昆布を、ただ水に入れるだけです!
 
水に入れたばかりの昆布は、半分より下に沈んでいます。
 
 
そして8時間、冷蔵庫に入れておきました。
 
8時間後は昆布が3倍くらいに膨らみます。
 
容器一杯に膨らんだ昆布
 
 
だしを取った昆布は、取り出しておきましょう。
 
ぬめりがあって、昆布が取り出しにくかったです。
 
このぬめりは胃や腸を健康にする効果のあるアルギン酸フコイダンです。
 
取り出しただし昆布は、捨てないでつくだ煮用に2~3cm角に切って、タッパーに入れて冷凍庫に入れておきました。
 
この時もぬめりがかなりあり、つるつる滑って切りにくいです。
 
だし昆布がたまったら、つくだ煮を作ります
 
 

株式会社大平昆布
宮城県栗原市志波姫南郷蓬田1
TEL.0228-25-3553
FAX.0228-25-3545
----------------------------
昆布・海藻等の原藻卸
昆布製品の加工と販売
----------------------------

015623
<<株式会社大平昆布>> 〒989-5611 宮城県栗原市志波姫南郷蓮田1 TEL:0228-25-3553 FAX:0228-25-3545