昆布加工品 大平昆布 とろろ昆布 わかめ アカモク 海藻パウダー

 

アカモクレシピ

 

アカモクのレシピ

アカモクのレシピ
 
アカモクのレシピを集めてみました!
今話題のスーパーフード“アカモク”ですが、スーパーでも見かけるようになりました。
 
一度食べてみたい!けれど・・・「食べ方がわからない!」「買ってみたけれど、使い切れない!」
 
「アカモクレシピを知りたい!」という方が多いようです。
 
ということで、アカモクレシピを集めてみました♪
 
 
 

アカモクの人気レシピを集めました

 

秋田の郷土料理のアカモク

 
 
秋田県で古くから食べられてきた海藻「アカモク」は、地元では「ギバサ」と呼ばれています。
 
いくらでもご飯が進む、ご飯のお供になります!
 
 
~材料(4人分)~
 
ギバサ200g、生姜1かけ、めんつゆ大さじ2
 
 
~作り方~
 
生のアカモクは、軽く水洗いしてゴミを洗い流します。
 
沸騰したお湯にざっと入れ、鮮やかな緑色になったらすぐにザルに空け、湯切りします。
 
湯切りしたあついままのギバサをまな板にのせ、包丁で細かくたたきます。
 
すりおろした生姜とめんつゆを入れ、よくかき回します。
 
粘りが出てきたら完成です。
 
 
~ポイント~
 
茹ですぎると粘りがなくなってしまいますので、色が変わったらすぐにザルにあげてくださいね。
 
めんつゆをお好みでポン酢にしてもOK!
 
トロトロとした粘りが特徴で、サクサクとした歯ごたえが楽しめます♪
 
 
 

アカモクめかぶシラス丼

 
めかぶやもずくに比べてお値段がちょっと高めのアカモク…。
 
アカモクにめかぶを混ぜ、シラスと卵黄を乗せれば「アカモクめかぶシラス丼」!
 
アカモクもめかぶもネバネバ食材なのですが、食感が全然違います。
 
 
 
~材料(1人分)~
 
ご飯丼1杯分、アカモク(ギバサ)約40g、めかぶ約40g、釜揚げシラス約20g、卵黄1個分、炒りごま少々
 
昆布つゆ大さじ1.5、みりん大さじ1、おろしわさび小さじ1/2
 
 
 
~作り方~
 
昆布つゆ・みりんをボウルに入れ、お好みでわさびを溶かします。
 
 
1で合わせた調味料に、アカモク・めかぶを加え、よく混ぜ合わせます。
 
丼によそったご飯の上に、2で混ぜ合わせたアカモクとめかぶを乗せます。
 
上からシラスを散らして、中央に卵黄を落とします。
 
最後にお好みでいりごまをかけたら、出来上がりです。
 
 
 
~ポイント~
 
白米を雑穀米や玄米にして、さらにヘルシーにするのがおすすめ。
 
アカモクはシャキシャキ、めかぶはコリコリで、食感の違いも楽しめます♪
 
 
 

アカモクかきあげ

 
 
天ぷらの衣にアカモクを入れて作るかき揚げのレシピです。
 
 
 
~材料~
 
アカモク、天ぷら粉、玉ねぎ、にんじん、ネギ、ちくわなどお好きな具材
 
 
~作り方~
 
1.玉ねぎは薄切りにし、にんじんは太めの千切りに、ネギは小口切りに、ちくわは半月切りにします。
 
 
2.天ぷら粉を水で溶き、アカモクを加えて混ぜます。
 
3.2に具材を入れて衣をからませます。
 
4.3をスプーンですくって、油で揚げたら、出来上がりです。
 
 
~ポイント~
 
アカモクの塩気が強い時は、そのまま食べてもOKです。
 
 

アカモク水餃子

 
 
ひき肉は鶏胸ひき肉を使い、油を使わない水餃子にすることでよりヘルシー♪
 
 
~材料~
 
アカモク100g、鶏胸ひき肉100g、小ネギ50g、しょうが小1/2、しお小1/4、コショウ少々
 
餃子の皮20枚、ポン酢適量
 
 
~作り方~
 
1アカモクは2cm程に切り、ネギは小口、しょうがはすりおろします。
 
 
2鶏ひき肉にネギ、しょうが、塩、コショウを混ぜ、よく練ります。
 
3粘りが出たら、あかもくを加えて混ぜます。
 
 
4皮の真ん中にあんを入れて半分におり、しっかり閉じ、真ん中に指を当てて折り曲げます。
 
 
5鍋にお湯を沸かし、餃子を入れ、くっつかない様に、やさしくかき混ぜます。
 
6お湯が再沸騰し、餃子が浮いてきたら出来上がり。お好みでポン酢をつけていただきます。
 
 
 
~ポイント~
 
アカモクを餃子の種に加えることで、片栗粉を加えなくてもまとまってくれます。
 
焼き餃子にしてもおいしいと思いますが、ヘルシーにするなら水餃子ですね!
 
 
 
 

アカモクレシピ 味噌汁

 
アカモクのレシピで人気なのは、手軽にできるお味噌汁です。
 
まずは「満点☆青空レストラン」で紹介されたお味噌汁のレシピを紹介します。
 
 
 
~材料~
 
アカモク60g、大根10cm、出し汁800mlみそ大さじ2~3
 
 
 
~作り方~
 
1大根は太めの千切りにします。
 
2鍋に出し汁を沸かし、大根を入れて柔らかくなるまで煮る。
 
3味噌を溶き入れ、最後にアカモクを加え火を止めます。
 

 

株式会社大平昆布
宮城県栗原市志波姫南郷蓬田1
TEL.0228-25-3553
FAX.0228-25-3545
----------------------------
昆布・海藻等の原藻卸
昆布製品の加工と販売
----------------------------

016673
<<株式会社大平昆布>> 〒989-5611 宮城県栗原市志波姫南郷蓮田1 TEL:0228-25-3553 FAX:0228-25-3545