昆布加工品 大平昆布 とろろ昆布 わかめ アカモク 海藻パウダー

 

昆布水でアンチエイジング!

 

昆布水の効果的な飲み方

昆布水の効果的な飲み方
 
昆布水 美容と健康に効果的な飲み方や作り方と効能
 
美容と健康に効果的と言われている「昆布水」の飲み方や作り方をご紹介します。
 
昆布水にはどんな効能があるのでしょうか?
 
また、昆布水を作ったらどれくらい日持ちするのか?
 
NHKの人気番組である「あさいち」でも紹介され、健康や美容効果が実証されています。
 
おいしいだけでなく、健康や美容にもいいとされる「昆布水」はラーメンのつけ麺にも使用されるほどの人気です。
 
今回は昆布水について書いていきたいと思います。

 

昆布水効果的な飲み方

 
 
昆布水の効果的な飲み方は、朝一番に飲むことです。
 
朝から午前中は「デトックスタイム」と言われており、体内が浄化される時間です。
 
寝起きは水分の吸収もよく、冷たいお水を飲むことで便意につながりやすくなります。
 
午前中の老廃物の排出力が上がる時間帯に飲むことで、効果が出やすくなります。
 
昆布水を飲む量は、1日でコップ一杯(200cc)で大丈夫です。
 
「朝飲むのが効果的」なのであって、基本的にはいつ飲んでも良いのですが、毎日続けることが大事です。
 
毎日の習慣にすることができる時間帯であれば、朝一番でなくても構いません。
 
飲む方にとって苦痛にならず、忘れないタイミングが一番理想的ですね。

 

昆布水の効能

 

血圧の上昇を抑える

 
 
昆布に含まれるアルギン酸は、ナトリウムの排出を助けてくれます。
 
アルギン酸が体内にとりこまれると腸内でナトリウムと結びつき、便として排出されます。
 
ナトリウムは高血圧のもとになるので、排出されることで血圧の上昇を抑えてくれるという効能があります。
 
昆布にはカリウムというミネラルが豊富に含まれていて、カリウムには塩分を排出する効果があります。
 
カリウムも血圧を下げる効果があると注目されています。
 
高血圧の原因となるナトリウムがカリウムによって取りすぎた塩分を排出する働きがあるからです。
 
カリウムは毎日の食事では十分に摂取できないものなので、夏場は特に汗となって流れやすくなり、カリウム不足が起こりやすくなります。
 
昆布水を摂取することによりカリウムを補給することができます。
 
カリウムは取りすぎたとしても体に悪い影響はなく、必要量以上取った場合は尿として排出されます。

 

血液をサラサラにする

 
 
フコイダンは血液をサラサラにする効果があり、血栓をできにくくしてくれます。
 
血行が良くなることで、体内で血液が循環されやすくなります。
 
フコイダンを摂取するとフコイダンがピロリ菌を吸い寄せて体外へと除去してくれ、 胃腸の保護をしてくれます。
 
また、フコイダンは腸内の余計なコレステロールや中性脂肪のもととなる脂肪を絡め取り、 便として排出してくれるので、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあります。
 
フコイダンの摂取を目的とした場合は、フコイダンを多量に含んでいる「がごめ昆布」がいいです。

 

夏バテ防止

 
 
昆布に多く含まれているミネラルは身体の重要な代謝機能をたくさん受け持っています。
 
汗によってミネラルが流れ出してしまい、ミネラル不足になると 身体のあちこちでエネルギーが足りない状態になってしまうことが「夏バテ」と言われる症状です。
 
「だるい」「疲れやすい」などの夏バテ症状は、 身体の中の代謝がうまく働かなくなってエネルギー効率が低下し、体力を消耗してしまうことから起こります。

 

ダイエット

 
昆布に含まれているアルギン酸は糖と脂肪の吸収を抑えてくれます。
 
また、フコキサンチンという成分は体脂肪が蓄積するのを防ぎます。
 
 
 
昆布に含まれている水溶性食物繊維は体内に入ると溶けて胃の中で食べたものを包み込みます。
 
そうすると食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができるのです。
 
 
 
血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌されます。
 
インスリンは血糖値を下げる働きがあるため、血糖が上がれば上がるほど分泌されるのですが、 脂肪を蓄えようとする働きがあります。
 
インスリンの分泌量が増えてしまうと太りやすくなってしまいます。
 
 
 
そのため食事のはじめは、糖質であるご飯や主菜を食べるのではなく、 昆布水などの水溶性食物繊維を摂取してから食事することで血糖値の上昇を防ぎ、インスリンの分泌を減らすことができます。
 
 
昆布はカルシウムが豊富です。
 
カルシウムといえば骨を丈夫にする働きが有名ですが、ダイエットの面から見てとても大切な栄養素です。
 
カルシウムが不足すると、私たちの体の中では脂肪を蓄積する酵素を分泌してしまったり、 脂肪を燃やす働きを弱めてしまうのです。
 
さらに、精神安定効果のあるカルシウムが不足することでイライラして、 食べ過ぎや甘い物を取りすぎる原因になります。
 
 

便秘の解消

 
昆布には食物繊維が豊富に含まれており、便秘を解消してくれます。
 
便秘を解消すると腸内環境が良くなり、それにより血液やリンパの流れが良くなります。
 
すると老廃物をしっかり排出できるようになり、これにより代謝が上がるため、便秘の解消はダイエットに欠かせません。

 

美白・アンチエイジング(抗老化)

 
私たちの体には、ストレスや大気汚染、紫外線、食品添加物、タバコ、過度な運動により、活性酸素が増えていきます。
 
活性酸素が増えることで体内では酸化が始まり、これにより老化や肌トラブルが起き始めます。
 
昆布のネバネバの元になる〝フコイダン〟には活性酸素を除去する働きがあります。
 
特にストレスや大気汚染・紫外線・食品添加物は避けて通れないので、食事で活性酸素を除去することがとても大切です。
 
活性酸素は肥満の原因になるので、昆布を食べてフコイダンを摂取し、活性酸素を除去することは、 痩せながら綺麗になれるとても嬉しい効果が期待できます。
 
いつまでもスタイル良く若々しくいるためにも、昆布水を毎日飲むことをオススメします!
 
ダイエット目的でなくても便秘に悩んでいる方は、昆布水を試してみてください
 
 
 

昆布水を飲むことで副作用はある?

 
昆布水を飲むことで副作用があるか?ということですが、
 
副作用があるわけではなく、 甲状腺の病気がある方や、肝臓の機能に障害がある方は
 
毎日、根昆布の粉末や根昆布水を飲食するのはやめてください。
 
腎臓の機能に障害を持っている場合は高カリウム血症になることがありますので、医師との相談が必要です。
 
また昆布にはヨウ素が多く含まれているので、甲状腺の病気や甲状腺に腫れがある人は昆布水の飲用は控えたほうがいいでしょう。
 
また、病気でなくても飲みすぎてしまうとミネラルの一種〝ヨウ素〟のとりすきによって逆に太ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

昆布水はどれくらい日持ちする?

 
水で出した昆布水は、お湯でとった出汁と比べて日持ちするので、冷蔵庫で10日ほど日持ちします。
 
必ず昆布水は常温ではなく冷蔵庫で保管しましょう。
 
また、すぐに使いきれない場合や、離乳食に毎回少量使いたい場合は、冷凍保存がおすすめです。
 
冷凍保存するときには、製氷皿に作ってブロック状にしたものをジッパー付きの袋などに入れて保存しておくと、少量だけ使うのに便利です。
 
冷凍保存は3週間程度の保存が可能ですが、時間とともに風味が損なわれますので、早めに使い切りましょう。
 
 
 

 

昆布水の作り方

 
昆布水の作り方は、こちらに詳しく書いています。
 
 
 

昆布水×トマトジュース

 
昆布水が美容と健康に効果的であることがわかりましたが、昆布を水につけただけの昆布水を飲むことに抵抗がある場合は、トマトジュースと混ぜると飲みやすくなります。
 
作り方は、昆布水100ccとトマトジュース100ccを混ぜるだけです。
 
私はより効果が高い根昆布を使った昆布水を作ってみました!
 
まずは100mlの水に根昆布を入れて、8時間おきます。
 
 
8時間水につけた後の根昆布からは、ネバネバ成分がたくさん!
 
 
ネバネバがたくさんの根昆布水に、トマトジュースを入れます。
 
 
この昆布水トマトジュースを一気飲みします。
 
飲みやすくなって、毎日続けることができるので、オススメですよ~
 

根昆布水を1ヶ月続けてみました!

 
2018年7月~8月にかけて、1ヶ月根昆布水を毎日飲み続けてみました!
 
朝に根昆布水を作って、夕方に飲んだり、夕食前に飲むことが多かったです。
 
いつも便秘気味なので、お通じが良くなることと、猛暑のため、夏バテ防止を目的にしました。
 
その結果、お通じがスムーズになりました!
 
最初は実感がなかったのですが、2日間だけ根昆布水を飲まない日がありました。
 
その後お通じが悪くなり、また根昆布水を飲み始めたら、スムーズになったのです!
 
これはやっぱり根昆布水を飲み続けている効果があるんだな、と思った瞬間です。
 
また2018年は猛暑で、東北地方でも30℃を超える毎日が続いていました。
 
夏になると毎年食欲が落ちることも多くあったのですが、毎日元気に過ごすことが出来ました!
 
根昆布水だけの効果ではないかもしれませんが、根昆布水を飲むことで「夏バテしないぞ!」という気持ちを込めて毎日飲んでいました。
 
毎日をすっきりしたい人や、元気に過ごしたい人には、かなりオススメですよ~
 
 
 

昆布水でドライマウス改善!

昆布水でドライマウス改善!
 
世界が注目!昆布で作る「うまみドリンク」
2018年7月4日に放送されたNHK「ガッテン」は、『免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP』でした。
 
この番組の中で、東北大学名誉教授の笹野高嗣さんが開発し、いま世界から注目されている
 
昆布で作る「うまみドリンク」を使った治療法が紹介されました。
 
うまみには脳をリラックスさせる効果があり、また唾液の分泌を促す効果も高いことが知られています。
 
昆布で作るうま味ドリンクの作り方は、細かく刻んだ昆布30gを500mlの水に1日つけておきます。
 
1日10回ほど、乾きを感じたときにうま味ドリンクを口に含んでゆすぐだけです。
 
うま味ドリンクを飲む必要はありません。
 
塩分や、取りすぎると甲状腺機能を低下させるヨウ素なども含んでいるため、気になる方は口をゆすぐだけにしてください。
 
冷蔵庫で保存し、2日以内に使い切ってください。
 
この番組の再放送は、2018年8月11日(土)午前0時25分からです。

株式会社大平昆布
宮城県栗原市志波姫南郷蓬田1
TEL.0228-25-3553
FAX.0228-25-3545
----------------------------
昆布・海藻等の原藻卸
昆布製品の加工と販売
----------------------------

018335
<<株式会社大平昆布>> 〒989-5611 宮城県栗原市志波姫南郷蓮田1 TEL:0228-25-3553 FAX:0228-25-3545